ハマダはトータルエンジニアリングを目指します
ページイメージ01
 
 

環境事業

土壌浄化プロジェクト
土壌浄化環境保全のためにローコストで最適な浄化工法を提案しています。
【主な土壌汚染対策工法】
①サンドピューアシステム(SandPureSystem)
「オンサイト湿式土壌洗浄分級装置」

循環型社会創造に一役担うべく当社が開発した「サンドピューアシステム」とは、コンパクトサイズで可搬ユニット式の湿式土壌洗浄分級装置です。高圧ジェット水流により発生する強力なキャビテーションが頑固に土砂に付着した汚染物質を剥離させることにより、高レベルな洗浄を実現しています。

サンドピューアシステム

②原位置浄化工法(オンサイト化学処理、原位置化学処理)

現場で分解処理が可能なVOCs(揮発性有機化合物)をはじめとする 物質を除去(無害化処理)する工法 。
濃度が薄くても掘削除去を行う場合に比べ、分解処理で安価な措置ができます。

粉体浄化剤
粉体浄化剤
液体浄化剤
液体浄化剤

③不溶化工法

溶出する有害物質を不溶化剤を用いて溶出量基準値に適合する工法 。
天然素材を用いて不溶化するシーリングソイル協会に加盟 。
※改正土壌汚染対策法では下記の措置方法として安価な不溶化が提案されています 。
廃止した工場や操業中の工場で900㎡以上の土地の改変を行う場合の措置とする。
指示措置と同等以上の効果を有する措置として、高濃度汚染を目標溶出量に低減する。

不溶化工法

④掘削除去
有害物質を含んだ土壌を全量掘削搬出し、処理工場にて適正に処理する工法。
最も多く採用されています。

 

掘削除去

省エネプロジェクト
E mizu Shower
「空調・冷凍・冷蔵機の室外機散水システム」
室外機の熱交換器効率を向上させる為に、逆浸透(RO)純水装置でスケール成分を除いた水を自動的に散水するシステム。節電及びCo2 削減に大きな効果を発揮し、地球温暖化防止に貢献しています。
ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社と共同事業を行っています。

 


E mizu Shower
仕組み